はい

2015年7月12日日曜日

脳筋ラティハッサム2

最高2083 最終2000ぐらい 2000で一週間ぐらいさまよった末死亡してやる気無くしました。
2000帯で長い間戦えていたのでかなり自信がある構築です。今後はこれを軸に煮詰めたいと思います。





1:簡単なポケモン紹介
2:パーティ方針等
3:個別詳細
4:反省等

1:簡単なポケモン紹介

ポケモン持ち物特性 技1 技2 技3 技4 
ラティオス拘り眼鏡浮遊 トリック 瞑想りゅうせいぐんサイコシキネシス
ハッサム ゴツゴツメット テクニシャン 剣舞羽休め とんぼがえり バレットパンチ
ガルーラ メガ肝っ玉→親子愛恩返し 地震 ふいうち グロウパンチ  
ボルトロスオボンのみ 悪戯心 電磁波悪だくみ10万ボルト めざめるパワー氷 
バシャーモラムのみ 加速剣舞 守る飛び膝蹴りフレアドライブ 
ボーマンダメガ 威嚇→スカイスキン竜舞羽休め身代わりor地震 捨て身タックル

2:パーティ方針等
  ラティハッサム+αの選出を広げることを第一に組み、次に有利対面を作った時に一貫性の高い技で相手に大きな被害を与えることを意識しました。全員に積み技があるのは受けを強引に削るためです。正直こんなに積み技いりませんでした。
  他には前回のパーティの問題点であったサイクル戦が非常にやりずらいという点を耐久ボルトロス、耐久に大きく割いた羽休め入りのマンダを採用することによって緩和しました。
  採用順としては
①ラティオス、ハッサム 好き
②ガルーラ 一貫する霊無効であり、有利対面を作ると勝ちまで見える
③ボルトロス ゲンガー、ジャローダ、ボルトロス対策(??)、重い格闘に麻痺を撒く、アローに見た目強い
④バシャーモ ガルーラワンキルマン、鬼火無効、炎打点
⑤ボーマンダ アロー受けでもありフィニッシャーにもなれる


3:個別詳細








ラティオス 臆病 CS

  眼鏡流星群の火力、連打できて無振りメガルカリオを確定で倒せるサイコキネシス、受けを崩し起点を作るトリック、トリック後の火力のなさをカバーする瞑想
2ウエポン+トリックに関しては解説する必要は無いと思います・。・
  瞑想について、具体的に生きる場面は対起点構築です。有名なカバルドン+ルカリオ+カイリューの並びは初手にステロを撒いてくるカバルドン相手にトリックを決めてその後瞑想すればほとんど勝ちが決まります。しかし他に生きる場面があったかというと微妙なので起点構築が重いよ~って人は採用の余地があるかもしれません。あまり人におすすめできるものではないです・。;






ハッサム 呑気
個体値 V-V-V-×-V-9
努力値 236-0-124-0-148-0

H :8n-1
HB:特化メガガルの地震超高乱数2耐え
HD:特化眼鏡ニンフィアのスキンハイボ2耐え
S :無振りカバルドン抜かれ


  耐久するための羽休め、有利対面を作るためのとんぼ返り、高火力先制技のバレットパンチ、詰め筋になり得る剣の舞
剣の舞以外は特に説明することは無いですね。
  剣の舞は前回とは違ってあまり使いやすいものではありませんでした。クレセリア入りや甘い受けループ相手にぐらいしか使うタイミングがなく、基本的にとんぼばっかりしていました。毒、はたきの方が良かった場面が何度かあったので変わるかもしれません。
  他に、ハッサムに地震を撃ってくるガルーラがほとんどいないので調整先を変えることも視野に入れています。







ガルーラ 意地っ張り
個体値 V-V-V-×-V-V
努力値 184-212-112-0-0-0

H :6n-1
HB:無補正無振りギルガルドの聖なる剣2耐え
HD:特化ギルガルドのラスターカノン2耐え
A :余り


  反動の無い一致技の恩返し、恩返しとの相性補完に優れる地震、詰め、削りに使えるグロウパンチ、グロウパンチと組み合わせて縛ることのできる範囲が広がり、素早さを誤魔化せる不意打ち
  いつも使ってるやつなので説明は割愛。相変わらず強かった。







ボルトロス 穏やか 素早さ最速70族抜き残りHD

HD:特化珠ボルトロスの10万ボルト、メガゲンガーの特化ヘド爆2耐え
S  :最速70族抜き

  一致技の10万ボルト、補完の目覚めるパワー氷、最強技の電磁波、相手の耐久ポケモンを倒すための悪だくみ
  パーティで非常に重いゲンガー対策を主に耐久ポケモン、ボルトロスミラー、ジャローダを倒してくれるイケメン。ボルト対面では目覚めるパワーを撃ちましょう。腐ることがなく安定して仕事をしてくれたポケモン。








バシャーモ 意地っ張りAS

  連打が可能な飛び膝蹴り、一致高火力のフレアドライブ、加速を安全に発動させる守る、全抜きのための剣の舞
  ラムバシャーモを初めて使いましたが非常に使い勝手が良く強かったです。剣舞した後ボルトクレッフィに止められないのが良い。意地っ張りで困ったことが滅びゲンガーとの対面だけだったので火力を求めた意地っ張りで正解だったと思いました。



(動かないメガボーマンダのゲーム画像を見つけられなかったため自分で描いたものを使いました)


ボーマンダ 意地っ張り
個体値 V-V-V-×-V-V
努力値 244-116-132-×-12-4

H :地球投げ4耐え(無駄)
HB:非メガで特化アローのブレバ2耐え
S :メガシンカして舞って最速135族抜き
A :余り
D :更にその余りを少し多めに

  アローに無限に後投げしたいので羽休め、一致高火力技になる捨て身タックル、舞えばガルーラを捨て身で倒せるので竜の舞、残りは捨て身との補完に優れる地震、状態異常を嫌う身代わりのどちらかで運用
  ファイアローへの恨みから生まれたポケモン。交代際の鬼火→挑発で死んでしまう。アローには勝てなかったょ…
  実はランドロス入り構築に強く、ランドを起点に2縦3縦ということもしばしば。今度はファイアローに絶対勝てるポケモンを入れようと思います。あとHP実数値201なのですがまったく意味ないのでどこか削って202にするのがいいと思います。



4:反省等
  最近めちゃめちゃ増えているガブガルボルトスイクン炎霊への勝率が安定しないのが悲しかったです。他にメガサーナイトがめざ炎を持ちはじめたりと向かい風要素が多くなかなか勝ち上がることができませんでした。今後の課題としてハッサム以外でのフェアリー対策対策をする必要があると強く感じました。
  このパーティなら2100行けると思ったのですが行けずに落ちてしまって非常に悔しいです。悔しいですがやる気が無いので潜りません。来期こそはより強いパーティに仕上げ、安定した立ち回りを見つけたいと思います。

  余談ですが、ヌケニン入りの受けルにボコボコにされました。あのパーティとても強かったのではやらないで欲しいです。来期はヌケニン入り受けループ絶対許さない構築組みます。

0 件のコメント:

コメントを投稿