はい

2015年3月18日水曜日

特殊メガラグラージ

近々雨パを使ってみようと思っていて、特殊メガラグが有用かどうかを調べるために作成。

1.物理型と比較しての利点
2.雨エースの種族値の比較
3.火力目安
4.結論




1.物理型と比較しての利点
・威嚇、ゴツメ、鬼火を無力化
・メガガルの繁栄等で物理耐久寄りになっているポケモン達を崩せる(かも)
・ヘドロウェーブを使えるのでマリルリにも不利にならない
・気合い玉を使える。命中不安定の分能力の下降もない

因みに特化滝登り≒特化ハイドロポンプ


2.雨エースの種族値の比較

ポケモンHP攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 
メガラグラージ100150 11095 11070 
キングドラ 75 95 9595 95 85
オムスター 7060125 115 70 55  
ルンパッパ 80 70 7090100 70 
既に特殊ラグラージを諦めたい。


3.火力目安
・計算はダメージ計算機XY ver. 5.21 URL:http://pokemon-trainer.net/xy/dmcs/ を使用)
・ダメージは実数値で記入
・攻撃側は全てC特化で計算
・受け側について、無振り=D方面に無振り
・相手は雨パに出てきそう、よく見るポケモンを選択

ハイドロポンプ

  無振りボルトロスに100~118
  雨下で150~177

  無振りクレセリアに67~79
  雨下で100~118

  無振りギルガルドに58~70
  雨下で88~105

  D特化ヒードランに116~140
  雨下で176~210

冷凍ビーム

  無振りメガボーマンダに200~236
  (特化冷凍パンチでは威嚇込みで耐えられる)

  無振りマルスケカイリューに92~110

  無振りサザンドラに100~118

  無振りサンダーに100~118
  D特化で70~84

大地の力

  無振りギルガルドに88~105
  (特化地震は150~176)

  無振りナットレイに60~72
  D特化で45~54

ヘドロウェーブ

  無振りマリルリに116~138
  チョッキで78~92

  無振りジャローダに102~120

気合い玉

  無振りナットレイに108~128
  D特化で80~96

他思いつき次第追記


4.結論
  雨エースに適していない。その上特化物理火力と特殊火力に大きな差があり、それを埋めるだけの威力の差が無いため非常に火力が足りない。しかし両刀にするだけの数値も無い。はっきり言って物理で良い。
  もしもこのポケモンを使うのであればエースポケモンの裏択としての採用になると思われる。幸い起点作りとして有名なためエースポケモンと組ませたところでまずメガ進化だとはばれない。例えば有名なものでラグラージとメガボーマンダを組み合わせたラグマンダ。この並びでラグラージがメガ進化するとはまず思われない。そしてメガボーマンダが物理の場合それを止めに来るポケモンに特殊メガラグラージがやや強いと思われる(数値受けは無理)。そのようにする場合はステルスロック/雨乞い/2ウエポンのようなハイブリッド構成にするのが良いだろう。
  一応使い道を考えてみたがどうにも強そうに見えないしきっと強くない。なによりメガシンカ枠を使うのが痛い。使おうと思う人はあまりいないだろうが特殊メインのメガラグラージは現時点ではお勧めできない。また、実はニョロトノのCが90あるため単体で採用する場合タイプは違うがスカーフニョロトノの方が強い気がしてきた。さようなら特殊メガラグラージ。夢をありがとう。

0 件のコメント:

コメントを投稿